二〇二〇 妖怪アマビエ目撃録・東京

二〇二〇 妖怪アマビエ目撃録・東京

アートにエールを!東京プロジェクト

江戸時代、アマビエと名乗る生き物が「この先豊作が続くが、その後に疫病が流行るのでその際は私の絵を書いて皆に配りなさい」と言い海に帰っていった。という言伝えが予言通りとなり以来、疫病退散の象徴となっています。
しかし一枚の絵しか残っておらず詳細は謎の存在。昨今注目を集めているアマビエが、もし現代の人々の前に現れて動き出したら?という点にフォーカスを置き、パフォーマーによる映像作品として仕上げました。コロナ禍に翻弄される人々に元気を与えたいと思います。

アマビエの絵 出典:『肥後国海中の怪』(京都大学附属図書館所蔵)

公式HP:
https://cheerforart.jp/detail/5877


ロゴ制作

写真

© OnoNatsuki